農園日記

川﨑農園の日記。随時更新中です!
 

画像農園日記
    おはようございます。 今日は朝焼けが綺麗でしたね。 久しぶりの投稿の川崎農園です(≧∇≦) この時間は、泉州水なすの収穫と選別が終わり少し落ち着いた時間です。 この時間を利用して自転車で畑を見て回ってるのですが、ふと道沿いに目を向けるとなんと 綺麗な花が咲いてました(≧∇≦) テンションが上がりました(⌒▽⌒) 皆さんといつも通りなれた道でもふと視線を変えると新しい発見があるかもしれませんよ(≧∇≦)    
    先週水なすの収穫が終わりました^^ おはようございます。川崎農園です。 今、収穫が終わりました。 木と実のバランスもよく順調に育ってます。 今日の、水なすは瑞々しさは抜群なんですが、その為か全盛期の甘みを考えると少し甘みが控えめな感じがしますね(´・ω・`) 今甘みを出すために施行すると木のほうが勝ってしまうので、もう少し安定したら施行を徐々に行っていってうまい泉州水なすをお送りしていきたいと思います。    
    ぼかし肥料をつくってます。 おはようございます。川崎農園です。 今日は、10月頃播種するネギ用にぼかし肥料を作ってます。 でも、お目当てのネギの種が手に入るかはわかりませんが、今から作らないとうまく発酵しないので^^ 今回のぼかしは使用する発酵菌は食品から採取して自家培養したものを使用しています。 このぼかしは川崎農園では3号-1と呼んでます。3号は二種類あるのでそのうちの1種類です。 この2種類はどう違うかと言うと使う発酵菌が違います。 今回は代々受け継いできた発酵菌をつかいました^^ 美味しいネギが作れるようにうまい具合に発酵してくれるといいですね^^      
    おはようございます。 農家の川崎農園です。   エディブルフラワー(食べれる花)のご紹介です。 ナスタチウムと言うハーブです。花びらの葉と同じ味は少しピリっとしは葉わさびに似たです。 結構優秀な植物で花と葉が食べれて、しかもアブラムシ除けになります。 もし家庭菜園などでトマトを育てられるのでしたら、トマトの株元にナスタチウムを植えるといいかもしれませんよ。    
    おはようございます。 農家の川崎です。 ウイキョウ(フェンネル)がかなり成長しています。 ウイキョウの味は一言でいえば歯磨き粉の味に似ている言われ、好き嫌いがあるハーブです。 しかしみなさんウイキョウの花って魚料理と相性がいいそうです。 まだ川崎農園のウイキョウは花を咲かせていませんが、咲いたらまたご報告いたします。
    もう少ししたら定植していこうかな(^^♪ おはようございます。川崎農園の川﨑 貴彦です。 食用ほおずきをもう少ししたら定植に入っていくのですが,この食用ほおずきは甘いのが特徴でめちゃくちゃ楽しみです。 去年で大体の施肥設計ができたので、さらに楽しみでしかたありません。 そして、人間にも好き嫌いがあるようにアブラムシにも好き嫌いがあり、対策でナスタチュームを植えていこうと思ってます。 これで、対策もでき、なおかつ場所の両方の場所を確保できるはず(*’ω’*)
    森のキャビアと言われるフィンガーライムが蕾を咲かせました(*’ω’*) おはようございます。一度は食べたい野心が隠せない川崎農園の川崎貴彦です(^^♪ 3年目のフィンガーライムの蕾が付きました(^^♪ 早く、ヨーグルトなどに乗せて食べたくてしかたないです。 今3つある木はすべて蕾をつけています。今年できた物はおすそわけで配りたいと思ってます。 その前にちゃんと実になるかどうかですが(´・ω・`)      
    こんにちは(^^♪ 今日はぼかし肥料を作りました。 川崎農園では、3種類のぼかし肥料を作っています。 農園での名所はぼかし1号・2号・3号です(^^♪ それぞれ使う資材や微生物が異なっており、使う用途も様々^^ 本日は、ぼかし1号を作りました。 この1号は一番土に馴染みやすいぼかし肥料ですね(^^♪ 今からだと大体6月頃完成かな(^^♪ 水なすの追肥として使うか、葉物野菜に使うか楽しみです。 さらにおいしい野菜ができるように頑張っていきます。
    やっと水なすの誘引作業が終わりました(≧∇≦) ざっと紐を8000mほど使いました。 画像が横になってしまいました(´・_・`) 大体、一筋に30分くらい掛かりました(´・_・`) 誘引作業は無心でできるのであまり嫌いではないでよね(笑) まだ、明るい内にそれぞれの畑の作物の状態を確認して回らないと(≧∇≦) 日が長くなると畑仕事も進みますね。
    まだまだ、安定的に出荷できませんが、本日より少しづつ出荷してまいます。 食べた時にピリっといつ辛みがあり淡白な白身や、お肉にあるナスタチュームです。 見た目が蓮の葉みたいですね。 他の食材に負けないように、種選びから施肥設計まで手探りで追及してきましたが、なんとかご納得いく味に仕上がりました。 当分は飲食店様と味見をしながらさらに追及していき、今年の夏頃ネットでも販売できればと思います。