レシピ

川﨑農園のおいしい食材を使ったレシピを公開中!お試しあれ!
 

画像水なすレシピ
    材料(2人分)   玉ねぎ  1個 ニンジン 本 ピーマン 3個 水茄子  1個 ニンニク  1片 塩コショウ  少々 ウインナーやミンチなどをいれても構いません ケチャップ   米飯  1茶碗2杯分 卵  4個   野菜を細かくみじん切りにする 水茄子は変色するため炒める直前に切ってください フライパンでニンニクと野菜をいれ、最後に水茄子を入れてしんなりしたら皿に移す 米飯をケチャップで炒め皿に移していた野菜を混ぜ合わせて塩コショウし味を整える たまごを一人2個使用し溶き卵にする。お好みでだし汁をいれてもおいしいです フライパンに溶き卵を流しいれて炒めた米飯を入れて巻けば出来上がりフライパンに溶き卵を流しいれて炒めた米飯を入れて巻けば出来上がり  
    材料(2人分) ホタルイカ  1パック 豚肉ミンチ  100グラム ジャガイモ  1個 ニンジン  1/2個 塩コショウ  少々 ニンニク  1片 水茄子  1個 醤油  少々 パスタ  一人80グラム       ホタルイカの下処理をする。ホルイカのくちばしと目が食べたときに触感が悪いので取りますが、必要がなければそのままでも構いません。 ジャガイモやニンジンを電子レンジで処理をするか湯がくかしてジャガイモは皮を取りマッシュポテトのようにつぶす。ニンジンは大まかにみじん切りにする 豚肉ミンチをニンニクと炒め、塩コショウし、ジャガイモも入れる ミンチを炒めたフライパンでホタルイカも炒めます。火が通ったらフライパンの鍋肌に合わせて醤油をサッと一周させ焦がし醤油になるのですぐに火を止める 水茄子を170度の油で油で素揚げします パスタをたっぷりのお湯で指定の時間湯がきます お皿にパスタや具材を盛り付けてできあがりです  
    材料(2人分) 唐揚げづくり 下味 しょうゆ  大さじ1 みりん  大さじ1 酒  大さじ1 砂糖  小さじ1 ニンニク  1片 しょうが  1片 さとう  小さじ1 衣 溶き卵  1/2個 片栗粉  大さじ4   炒める野菜 水茄子  1個 しめじ  1/2株 ピーマン(お好みの色味で) 唐辛子 味付け ポン酢  100CC 柚子胡椒  少々       唐揚げのもも肉をお好みの大きさに切る。 塩麴と下味の材料でもも肉で揉みこむ(半日~1日) 180℃のあぶらを準備する 溶き卵と片栗粉を下味で漬け込んでいる中に入れる 焦げないように油で揚げる 炒める野菜を食べやすい一口サイズに切る 水茄子はあく抜きのために切ったら塩水につける 水茄子の水気をキッチンペーパーなどでふき取る フライパンに大さじ1の油を入れて火をつける ピーマンなどの野菜がしんなりしたら水茄子も入れる 唐揚げもフライパンの中に入れ、ポン酢100CCを入れる 煮詰まって唐揚げの片栗粉によって少しとろみが出てくるので柚子胡椒をお好みで入れたら出来上がり    
    素揚げした水なすを和風だしで煮たご飯がすすむおかずです。 <材料> 泉州水なす…1個 油…適量 塩…少々 和風だし材料 水…1カップ 醤油…大さじ1 酒…大さじ1 みりん…大さじ1 砂糖…大さじ1 ほんだし(粉末)…4g しょうが…お好み 水なすと縦に切り、皮の部分にだしがよくしみ込むように切り口を入れて下さい。 揚げる際に油が飛ばないようにクッキングシートで水分をとり、180度の油に皮の部分が下になるように揚げます。 お好みの色にあがったら、和風だしで軽く煮込みます。あつあつで召し上がってもさまして召し上がっても美味しいです。 <ポイント・コツ> 果皮の方を下にして揚げるのがコツです。
    甘みがありみずみずしい泉州水なすをまずは生でお召し上がりください <材料> 泉州水なす…1個 油…適量 塩…少々 お好みの大きさに水なすを切って下さい。 揚げる際に油が飛ばないようにクッキングシートで水分をとります。 180度の油に皮の部分が下になるように揚げ、好みの色にあがったらお皿に盛りつけて塩をかけて召し上がってください。 <ポイント・コツ> 果皮の方を下にして揚げるのがコツです。
    甘味がある川崎農園の水なすとオリーブオイルの風味の相性はバツグンです。 <材料> 泉州水なす…1個 水…適量 塩…少々 オリーブオイル…適量 ヘタに8等分になるように切れ目を入れ、昔ながらの手で裂いてください。 きれいに裂けなくてもかまいません。 塩水を作りそこへ15秒ほどつけると変色を防げます。 後は水切りし、お好みの量のオリーブオイルををかけてお召し上がりください。 <ポイント・コツ> キレイに裂けなくても手で裂いたほうがおいしくいただけます。
    甘味がある川崎農園の水なすは塩のみでさらに甘さが増します。 <材料> 泉州水なす…1個 水…適量 塩…少々 ヘタに8等分になるように切れ目を入れ、昔ながらの手で裂いてください。 きれいに裂けなくてもかまいません。 塩水を作りそこへ15秒ほどつけると変色を防げます。 水を切り、お皿に盛りつけたらお好みの塩をかけて召し上がってください。 <ポイント・コツ> キレイに裂けなくても手で裂いたほうがおいしくいただけます。
    レンジで簡単な水なすグラタン風料理です。 <材料> 泉州水なす…1個 ミンチ肉…50g チーズ…2枚(お好みの量) 水なすのヘタをきりった後に縦に半分にきり真ん中をくり抜いて下さい。 くり抜い中に軽く炒めたミンチ肉と先ほどくり抜いた果肉を混ぜて入れて蓋をするようにチーズをかぶせ、トースターでチーズに焦げ目ができるまで温めたら出来上がりです。 <ポイント・コツ> 水ナスは生で食べれて、ミンチ肉は先に炒めているので、チーズが軽く焦げ目がつく程度でも美味しく召し上がれます。
    水なすのサラダ
    甘みがありみずみずしい泉州水なすをまずは生でお召し上がりください 泉州水なす…1個 水…適量 塩…少々 醤油・ポン酢…お好みで ゴマ…お好みで 鰹節…お好みで ヘタに8等分になるように切れ目を入れ、昔ながらの手で裂いてください。 きれいに裂けなくてもかまいません。 塩水を作りそこへ15秒ほどつけると変色を防げます。 後は水切りし、お好みで醤油やポン酢、鰹節などをかけてお召し上がりください。 キレイに裂けなくても手で裂いたほうがおいしくいただけます。
画像コンフィチュールレシピ
    泉州水なすのコンフィチュールの甘みとクラッカーの相性はよくお茶会等にも大活躍です。 <材料> 泉州水なすコンフィチュール…2瓶(赤・白) クラッカー…一袋 そのままクラッカーの上にかけても、お皿からコンフチュールすくって頂くかお好みで。 <ポイント・コツ> 好みのクラッカーで召し上がるのが一番です。
    豆腐と泉州水なすのコンフィチュールの相性は抜群です。 <材料> 泉州水なすコンフィチュール…2瓶(赤・白) 冷奴…一丁 冷奴に川崎農園オリジナル商品の泉州水なすコンフィチュールをかけてお召し上がり下さい。 <ポイント・コツ> 冷奴を使うのがポイントです。
    泉州水なすコンフィチュールの甘みはヨーグルトの酸味と相性がいいです。 <材料> 泉州水なすコンフィチュール…2瓶(赤・白) ヨーグルト…適量 アーモンド…お好み お好みの容器にヨーグルトと泉州水なすnコンフィチュールを乗せていきます。 お好みでアーモンドを乗せてお召し上がり下さい。 <ポイント・コツ> アーモンドを添えると食感のアクセントがありより美味しくお召し上がり頂けます。
画像漬け物レシピ
    画像水菜レシピ
                          <材料> 水菜・・・200g(残り物でなければ) トマト・・・ミニトマト5個 大玉1個 きゅうり・・・1本 エビ・・・5尾 かにかま・・・3個 ツナ缶・・・1缶 マヨネーズ・・・適量 刻みのり海苔・・・適量     生春巻きを作るとどうしても残り物ができます。 その時には残った材料を全部混ぜ込んでサラダにしてしまいます。 材料や量はその時々により変わります。 冷蔵庫にあるものや常備品で味付けし一品として食卓に出します。     水菜はしっかりと水気を切り、食べやすい大きさにカットします。 トマトやきゅうりなども食べやすい大きさにカットします。 エビは下越しらえし、茹でた後は熱を冷ましておきます。 あとは材料を全てボールに入れてマヨネーズを入れ、軽く混ぜ合わせれば完成です。 海苔はお好みで入れてください。焼きのりをハサミで切って入れて頂いても美味しいです。
      <材料> 水菜・・・一束(200g) 柿・・・1個 そのほかお好きなお野菜 お好みのドレッシング(柿が甘いので酸味がある方がバランスが取れます)   水菜を水洗いし、しっかりと水を切り、食べやすい大きさにカットします。 柿の皮をむき、食べやすい大きさにカットします。 柿とチーズの相性がいいので、チーズとスモークチキン、二十日大根(ラデッシュ)の酢漬けも 盛り付けました。 お好みのドレッシングで味付けしてお召し上がりください。   子どもが小さいので刺激の強いものは避けていますが、大人だけであれば黒コショウなどを使うと 味が引き締まりスモークチキンともよく合います。
      水菜のシャキシャキとした食感と春巻きのもちもちした食感で野菜もたくさん食べられます。 <材料> 水菜・・・一束(200g程度) エビ・・・10尾 トマト・・・ミニトマトなら5個 大玉なら1個 きゅうり・・・1本 かにかま・・・5本 ツナ缶・・・1缶 マヨネーズ・・・お好み そのほか旬なお野菜 ライスペーパー5枚     水菜、トマト、きゅうりなどの野菜を水洗いします。 水菜はしっかりと水切りをしないと水っぽくなりますので注意してください。 水菜とトマト、きゅうりを食べやすい大きさにカット エビは水洗いし背ワタを取り下茹でします。下処理した状態のものも販売されていますのでそちらでも構いません。 ツナはマヨネーズなどで味付けします。 ライスペーパーをお湯で柔らかく戻します ライスペーパーをまな板などの平坦な場所に置き水菜やトマト、キュウリなどをのせていきます。   ライスペーパーではみ出さないように包んでいきます そのままお盛り付けてもかまいませんし、半分に切ると断面が野菜の色味が出てきれいなのでカットしてもらってもかまいません。    
    画像ほうれんそうレシピ
        材料 ほうれん草・・・一束 キノコ類などのお好みの野菜・・・お好みの量 バター・・・10グラム 塩コショウ・・・少々 醤油・・・少々               1ほうれん草を流水で土などを洗い流します。 2食べやすい大きさにカットします。 3大さじ1杯のサラダ油をフライパンに入れて温まったらほうれん草を炒めます。 4別のフライパンを使用するか、一度ほうれん草をお皿に取り出し、炒り卵を作ります。  その時に完全に炒り卵にせずに半熟で火を止めます。             5フライパンにバターを10グラム~20グラム(ほうれん草や他野菜の量に合わせる)入れて火をつけて溶かします。 6ほうれん草を入れて他のお好みの野菜を入れて塩コショウを少々。炒り卵も入れてください。  塩気のあるベーコンなども相性がいいので一緒に炒めてもおいしいです。 7水分が無くなってきたら最後に鍋に添わすように醤油をプライパン1周サッとかけて出来上がり。  
      <材料>2人分 ほうれん草・・・1束(200g) ジャガイモ・・・1個 玉ねぎ・・・1個 ベーコン又はウインナー・・・適量 キノコ類(エノキ、しめじ等)・・・適量 冷凍パイシート・・・1枚 マヨネーズ・・・大匙1 とろけるチーズ・・・2枚 塩・・・少々 胡椒・・・少々 卵黄・・・少々 バター・・・少量     ほうれん草を水洗いし、鍋に湯を沸かしほうれん草を茹でます。 ジャガイモも同様に茹でて頂くか、電子レンジで深みの耐熱皿に少し水を入れたところにジャガイモを入れて500ワットで3分30秒ほど熱を入れます。 それでも固ければ様子を見て時間を短くして再度電子レンジで熱を入れてください。 ジャガイモは皮をむき、きのこやベーコンを食べやすい大きさにカットしたものと一緒にフライパンで水分を飛ばすように炒めます。 火が通れば加熱を止め、ほうれん草も混ぜ、塩コショウで味付けをします。 パサつきがない様にマヨネーズを大匙1杯ほど入れてさっくりと混ぜます。                     冷凍パイシートは冷凍庫から出して10分程度常温で置いておきます。 耐熱皿全体にバターを塗り、ほうれん草を混ぜ合わせたタネを隙間なく入れます。 とろけるチーズを上にのせ冷凍パイシートをハサミで切って網目状になるように重ねて置いていきます。 時間がない場合はお皿の大きさに合わせて大きく切りチーズの上にのせるだけでも構いません。 こんがり焼けるように卵黄をハケやスプーンで最上部を軽く塗っていきます。 180度に予熱したオーブンで20分程度様子を見ながら焼くと出来上がりです。              
    画像ラディッシュレシピ
      <材料> 水菜・・・一束(200g) 柿・・・1個 そのほかお好きなお野菜 お好みのドレッシング(柿が甘いので酸味がある方がバランスが取れます)   水菜を水洗いし、しっかりと水を切り、食べやすい大きさにカットします。 柿の皮をむき、食べやすい大きさにカットします。 柿とチーズの相性がいいので、チーズとスモークチキン、二十日大根(ラデッシュ)の酢漬けも 盛り付けました。 お好みのドレッシングで味付けしてお召し上がりください。   子どもが小さいので刺激の強いものは避けていますが、大人だけであれば黒コショウなどを使うと 味が引き締まりスモークチキンともよく合います。
    画像伝統野菜レシピ
      甘みのある貝塚極早生玉ねぎをまずは生でお召し上がりください。 貝塚極早生玉ねぎ…1個 水…適量 貝塚極早生たまねぎを食べやすい大きさに切ります。 ほんの数秒水にさらします。 水気を切りお皿に盛り付けます。 辛味が少ないため、数秒水にさらすだけでそのまま召し上がれます。