【TOP】川崎農園のこと

川崎農園の取り組み

野菜作りは安政七年より、食べて頂くお客様が美味しいと笑顔がこぼれる野菜をお届けする為、
土作り・水質・環境作り・農法・減農薬の5つを独自に追及・研究してきました。


漬物・コンフィチュールに使用するお野菜は、川﨑農園で早朝収穫された新鮮なお野菜のみを農園内の調理場ですぐに使用しています。


浅漬け(糠・塩・昆布)・塩麹漬け(生米麹・塩・水)・ツン辛漬け(辛子)・コンフィチュール(砂糖)など多種多様な国産の素材から旨味を引き出す素材を厳選し、糠床・塩麹・タレを一から手作りしています。

泉州水なす(4月中旬~8月末)
ほうれん草(11月~2月末)
サラダ水菜(10月~1月末)
小松菜(3月~5月末)
貝塚極早生玉ねぎ(5月上旬)
小松菜(3月~5月末)

泉州水なすの浅漬け
泉州水なすの塩麹漬け
泉州水なすのツン辛漬け
泉州水なすのコンフィチュール