泉州水なす浅漬けのおいしい食べ方

水なすは鉄を嫌うため(切断面が変色することがある)、包丁を使わずに手で裂いて食べるのが昔ながらのおいしい食べ方です。

手で裂くことで風味を逃さずおいしくお召し上がりいただけます。

※セラミック製、ステンレス製の包丁をご利用の場合はヘタの部分に切れ目を入れてから割くことも可能です。

浅漬けの食べ方01

浅漬けの食べ方02

袋をハサミなどで開封し、中身を取り出します。

浅漬けの食べ方03

水なすのヘタの部分をとり、水なすについている糠をやさしく洗い流します。

※収穫してすぐの新鮮な水なすの浅漬けですので、トゲに注意してください。

浅漬けの食べ方04

浅漬けの食べ方05

食べやすい大きさに手で割いてください。

浅漬けの食べ方06

浅漬けの食べ方07

そのまま何もかけずにお召し上がりください。

塩分控えめのさっぱりとした、水なす本来の旨みが味わえます。

※着色料や染色剤(明礬など)の添加物を一切使用しておりませんので、水なすの色が取れていることがございますが、品質・味などに問題ございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です